Innovators Hundred Hiroshima イノベーターズ100広島

News
お知らせ

キックオフワークショップ①

第3期となったInnovators100 Hiroshima。今回はメンター(BOI)として、
株式会社カゲン取締役 子安 大輔氏
株式会社ナカダイ 常務取締役 中台 澄之氏
鎌倉投信株式会社 取締役 新井 和宏氏
の3人のイノベーターから、参加者に課題を感じ取ってもらうためのトークをいただきました。ファシリテーターの田村を加えてのクロストークの後は、メンターの方々もワークショップに加わり、参加者と一緒に議論していただきました。

 

トークの前に参加者は、それぞれの会社の「資源」を捉え直すためのイノベーションマップを作成し発表しています。自社の再認識、メンターからの社会潮流について、循環の視点など気付きを得たあとでのワークショップを経て、参加者たちは「課題」を見つけ発想する作業へと入っていきます。

 

 

参加者が分かれたグループは「都市循環システム」「リパーパス(資源の再利用)」「プレイフル(楽しさによる社会変革)」「シェア」「オープンコミニティ」の5つ。言葉にすると難しいですが、身近なところに実は転がっているこの5つの視点から、現在各チームはエンドユーザーにあたる”生身の”人間から話を伺うフィールドワークに入っています。

Facebook投稿より転載)